みやがせミーヤ館オリジナルキット

カヤネズミ

神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-15 みやがせミーヤ館にて販売中! tel 046-288-3600

1セット(1体) 500円



4つ足タイプ




  【セット内容】

     ●プリント布(ボディ・背側) 1枚 
     ●無地布(ボディ・腹側) 1枚
     ●珈琲染めジャージー(耳) 1枚 
     ●アイボタン(目) 2個 
     ●ピンクボタン(鼻) 1個
     ●スウェード紐(しっぽ) 1本 
     ●糸(ヒゲ) 1本 
     ●型紙&レシピ 1枚
       (レシピは初心者の方でも分かりやすい
           カラーイラスト入り)

お座りタイプ




  【セット内容】

       ●プリント布(ボディ) 1枚 
       ●アイボタン(目) 2個 
       ●ピンクボタン(鼻) 1個
       ●スウェード紐(しっぽ) 1本 
       ●糸(口・ヒゲ) 1本 
       ●型紙&レシピ 1枚
         (レシピは初心者の方でも分かりやすい
             カラーイラスト入り)


  



【カヤネズミ】

頭胴長 54~79mm、尾長 47~91mm、体重 7~14gの日本では一番小さなネズミ。
主に休耕田や河川敷などの、背丈の高い草原に暮らしている。
ススキやオギ、チガヤなどイネ科の葉を利用し、地表から約1mの高さに直径10cmほどの小さな球形の巣を作る。
葉を利用して巣を作ることで、周りの植物と同じ色となって同化することができる。この巣において出産や育児、休憩を取っている。
主にオヒシバやエノコログサなどイネ科植物の種子や、バッタやイナゴなどの昆虫を食べて暮らしている。ただ、食物が不足すると自分の子どもを食べてしまう事もある。
おとなしい生物でドブネズミのように人家に上がりこんだり、イネを食い荒らしたりすることはしない。寿命は1~2年程度である。
かつては農村周辺に家畜の餌、屋根材料などの目的で利用するための茅場、あるいは家畜の放牧地などがあり、そのような草原に多数生息していた。
近年、それらの場所が利用されなくなり、遷移が進んで雑木林化したり、逆に開発されて消失したため、非常にその数を減らし、地域によっては絶滅寸前にまで追い込まれている。







  

USAプリント(切り株とウンチ)に乗せて撮影してみました。可愛いです。^m^










inserted by FC2 system